限定承認とは

相続における限定承認には少なからず誤解も出てきます。
それは限定という言葉に、マイナス財産とプラス財産を分けて考えられるとみられがちだからです。
実際の限定承認は都合よく相続財産を選ぶことはできません。
プラス財産も、マイナス財産も承継します。
マイナス財産には被相続人が連帯保証人とっている債務やローンの残務があり、これをプラス財産の中から支払います。
その残りがまだ残っていれば、相続財産を承継することができます。
もし、マイナス財産が多い場合は承継できるものはないものの、債務を引き継ぐことはありません。
限定という言葉に選択の余地もあるようにみえますが、任意で選ぶことはできないので注意が必要です。
この限定承認は手続きできる期間が決められています。
相続の開始を知り得た時から3ヶ月以内に相続人すべての同意をもって期間内に家庭裁判所にて申し立てることになります。
しかも、遺産の目録を作成する必要があり、手間が掛かります。
3ヶ月以内というと、期間があるように思えますが、被相続人の死後の整理を含めると時間は限られ、相続人の総意を得ることにも相当の時間が掛かります。
遺言書にすべて明記されている場合は別にして相続財産が不明な際にも限定承認をとることがあります。

Comments are closed.