遺産分割協議とは

遺産分割協議とは、被相続人の財産を関係する相続人がどう分配するかを協議し、その内容を明確にし、第三者に対して知らせ、遺産相続の手続きを進めるためのものです。したがって、協議が整った際には、その内容を文書にし、関係者全員が、もちろん遺産をもらわないことにした人も含めて、記名し実印を押印しておく必要があります。そして、第三者に提示し、複写などを提供し、手続きを進めてもらう際には、印鑑証明書を添付します。
たとえば、土地や家の名義を変更し、登記手続きを進めるのも、この遺産分割協議書を示して、司法書士などに手続きをお願いすることになります。そのほかに、被相続人と相続人の関係を示す戸籍謄本とか住民票とか必要な書類もありますが、この協議書がないと始まりません。
銀行で、預金を下ろしたり、名義変更する場合も同じことで、銀行によって手続きは多少は異なり、たとえば親族関係図などを書く場合もありますが、やはりスタートラインは遺産分割の協議書ということになります。
書式は、それほど難しくありませんが、登記物件の場合は、そこに表示されている文字を一字たりとも違えないことが肝要で、貯金名義も銀行別に相続ができれば面倒は少ないのですが、そこを分割するとなると、その金額を明示するなど、表現はややこしくなります。要は、正しく分割内容が表記されているかどうかです。

Comments are closed.