遺産相続と話し合いについて

}PgžxQ遺産相続の話し合いというのは、スムーズに行けば問題ないのですが、利害関係が複雑だったり、故人の生前のお世話の関係などが入ったりする場合は、とても難しいことになります。世の中的には、ご両親の内、片方の親が亡くなったときは円滑に相続が進んだものの、次のもう片方の親が亡くなったときは、兄弟二人の相続人間でトラブルとなり、弁護士を立てて交渉するというようなことも起きています。
遺産相続はそれだけ難しい問題も発生する危険性がありますので、話し合いは慎重に一方的にならないよう進める必要があるのです。
まだ、日本の社会では長男長女がリーダーシップを取るケースが多く、特に先祖代々の土地や家については、現実問題分割することが難しく、一般的には長男長女が引き継ぐことになるので、これを基本線としてどうするかということにします。
要は、筆頭格の人が、法定相続分ということをベースにして、分割案を作り、協議するのがいいでしょう。
土地や家は分割しないことにするとか、その利用や保守の関係とか、売却の可能性も考えた上でどうするとか、生前に負担した費用はどうであったか、逆に生前の贈与のようなものはどうだったか、これらを総合的に判断し、分割案を作るのです。余程の理不尽な分割でないかぎり、また余程の複雑な人間関係でないかぎり、円滑に収まるはずです。

Comments are closed.