遺産相続とその受け取り方

遺産相続とは亡くなった人の財産を、その親族などで受け継ぐことですが、遺産相続を受けられる人は、遺産を貰う権利のある法定相続人と遺言書に記された人です。遺言書に記された人以外は、遺産相続に優先順位があり、それにより受け取り方が違ってきます。配偶者、子供、父母、兄弟姉妹の順番で、近親者が優先的に相続できます。配偶者の場合は、どのような家族構成であっても、相続の優先順位は第一位です。相続人には義務と権利がありますので、借金などの負の財産を受け継いだ場合には、支払う義務も生じますので注意が必要です。そのため相続人となる人は受け取るつもりがなくても、相続放棄など何かしらの形で遺産相続の手続きに関わらなければなりません。
法律にのっとり相続をすれば平等かと言えば、そうではないケースもありますし、感情などが入ってくるとトラブルが発生することもあります。不動産など分割が困難な場合や、親の介護をした人とそうではない人、腹違いの子供などがいる場合などは、不公平感が生じトラブルに発展することも珍しくありませんが、このようなケースでもいがみ合わず話し合いで解決できるようにしたいものです。遺産相続は全員が納得や満足できるとは限りませんが、亡くなった人からの最後の贈り物ということを忘れず、感謝の気持ちを持ち、家族仲良くすることが亡くなった人への礼儀です。

Comments are closed.