相続人と遺言書の役回り

被相続人が生前遺言書を作成していた場合、基本的にはこれに従って遺産の分割を進めていくことになります。遺言書に遺言執行者の指定もしくは指定の委託があった場合は、遺言執行者が遺言内容を実行していきます。もし指定者が定められていなければ、相続人が内容を実行することになります。
ここで遺言の内容によっては、遺産分割協議が必要になります。ただし、遺言の内容に相続人の排除や認知等が書かれている場合には、相続人以外による遺言執行者が必要です。そうなると、執行者を家庭裁判所で選任してもらわなければなりません。
そして遺言に従い相続となりますが、この遺産分割が単に何分の一ずつという風にアバウトな指定であると、細かく協議する必要があります。他にもある特定の人物に全部相続と記載されていたりすると、ほかの対象者には遺留分を受け取る権利があるので、協議する必要がでてきます。
通常、遺言の内容が優先されるわけですが、遺産分割協議のあと遺言書が出てくるということもあります。遺言に時効がないので、記載内容と異なる遺産分割協議は無効となります。しかし、相続人全員が合意していた場合は、記載内容と異なっていても分割協議が認められます。プレゼント02

Comments are closed.