単純承認とは

}PgžxQ相続財産の受け取り方法には限定承認・相続放棄・単純承認の3つがあります。
このうち無制限に財産を承継する方法が単純承認です。
その無制限に相続する財産には経済的価値のある積極財産と、債務の負の財産である消極財産もあります。
そのどちらもすべて相続するのが、この方法です。
この単純承認でポイントとなるのは積極財産と消極財産の分割です。
積極財産は相続人の間で、どれだけ承継するか分割協議の合意をもって決めることもできます。
しかし、債務などの消極財産は相続人の間で決めることはできません。
そこには債権者が存在するので、勝手に線引きすることはできないのです。
法定相続分に応じて、消極財産を承継することになります。
単純承認では積極財産が残っていない状態でも、債務のみの場合でも引き継ぐことになります。
限定承認や相続放棄をする場合は相続をすることを知った日から3ヶ月以内に手続きをとることになります。
また、死亡時に相続する財産が分からない状態もありますが、この場合は相続の有無が発生した時点から3ヶ月以内となります。
この限定承認や相続放棄のどちらも選択しない場合は自動的に単純承認となります。
そのため、相続を知った時点で財産をどのように承継するか態度を決める必要があるのです。

Comments are closed.